会長鷦鷯  治
 松江ライオンズクラブは、1956年に日本で28番目、336-D地区で1番目に結成され、伝統と歴史を重ね一昨年には60周年を迎えました。
 そのクラブの第62代会長としてまだ入会して10年という私が拝命しましたこと大変に身の引き締まる思いでございます。
 この一年間、皆様とともに一所懸命に努力し、務めて参りたいと思いますので、ご指導ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 今年度は、テーマに「感謝と絆で We Serve」といたしました。伝統と歴史を築いてこられました先輩諸兄に感謝するとともに会員相互そして地域との絆を大切にして地域貢献に努力していきたいと思っております。
 また、スローガンには「伝統と奉仕とともに充実のLions Life」を掲げました。
 伝統あるクラブとしてまた奉仕という活動を通して、クラブでのすべての活動、例会、アクティビティ、委員会あるいは趣味部会、また他のクラブとの交流も楽しみながら活発に積極的に活動していきたいと思っております。
 まずは、クラブ会員自身が積極的に楽しみ、また会員同士知性を高め合い、親睦を深めることによって、更なるクラブ活動の活性化が図れるのではと考えております。
 地域一番の伝統あるクラブとして地域社会のリーダーとして社会奉仕をしていきたいと思います。
 この一年間、門脇幹事、山本会計、竹田彰LT、近藤TTそしてそれぞれの委員会の委員長にお力添えをいただき、そしてクラブ会員のみなさまのご理解、ご協力を重ねてお願い申し上げ、健康に留意し頑張りますので、一年間よろしくお願い申し上げます。

幹事門脇  泰
 今年度幹事を仰せつかりました門脇です。
 2010年7月に入会し、この7月で7年経過したものの、ライオンズクラブについて、まだまだ不勉強で未熟な私が鷦鷯会長の基でクラブのまとめ役の幹事という大役を務めさせて頂くこととなり、その務めが果たせるのか、今は甚だ不安な気持ちでいっぱいです。
 今年度の鷦鷯会長のテーマ、スローガンのように、クラブの内と外、全てに感謝の気持ちを持ち、伝統ある松江ライオンズクラブでの活動において、楽しみや充実感を会員の皆様全員が一緒に共有出来る一年となるよう精一杯頑張るつもりですので皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

会計山本 勝己
 今年度、会計を仰せつかりました山本勝己です。昨年の松江LC予算(案)を見返してみますと、1,900万円を超える金額が計上されておりました。会員の皆様方からお預かりしております、このように多額で大切なお金をしっかりと管理し、適切に処理せねばならないと思いますと、改めて身の引き締まる思いが致します。
 何もわからない私ではございますが、大野委員長をはじめとする財務委員会の皆様、また理事会の皆様方のご指導・ご協力をいただきながら、一年間精一杯務めさせていただく所存でございます。至らぬ点が多々あろうとは思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。